おはよう応援 グリナ 睡眠 二度寝

サイトマップ

朝の二度寝は悪いことじゃない


朝の二度寝は悪いことじゃない!・・・ストレスが解消され“幸せホルモン”が出る


リラックスしながらストレス解消・二度寝はうれしい効果ばかり


二度寝を毎日している人は、10人に4人というアンケート結果(ウェザーニュース社2010年調べ)があります。

約半数の人が朝、二度寝をしているのです。

「二度寝はよくない」という罪悪感がどうしてもつきまといますが、じつは二度寝はいいことばかりなのです。


さて、なぜ二度寝はいいのでしょうか?

夜、私たちの体内ではストレスに強くなるホルモン「コルチゾール」が目覚める1〜2時間前から急増しはじめます。

これは、“幸せホルモン”ともいわれる脳内物質です。

脳はストレスに勝つホルモンを朝方シャワーのように浴びて1日の活動の準備をはじめます。



二度寝しているときもこの「残存効果」がつづいていると考えられます。

二度寝のまどろみがとても心地よく、幸せな気分に包まれるのはこのコルチゾールのおかげともいえるのです。


さらに、二度寝でウトウトしている浅い眠りのときには、リラックスしたときに出るアルファ波が脳から出るのと同時に、「エンドルフィン」も分泌していると考えられています。

エンドルフィンは脳内麻薬ともいわれ、好きな音楽や小川のせせらぎ、波の音を聞いたときにも出るホルモンで、心身をリラックスさせ、ストレス解消効果があるものです。


ところで、あなたは二度寝ではなく、三度寝、四度寝していませんか?

スッキリと目覚めるためのルールは、「二度寝は1回だけ」「時間は5〜10分」です。

10分以上寝てしまうと深い眠りに落ちてしまい、寝坊する原因となります。目覚めたら目覚まし時計を10分後にセットし、5分程度の二度寝を楽しみます。

たった5分でも「寝たなあ」という充実感を味わうことができるのです。


ポイント!

・二度寝は幸せ気分に浸れてストレス解消効果あり

・二度寝は1回だけ、時間は5〜10分が最適


しあわせホルモン「コルチゾール」とは?


コルチゾールとは・・・・・・

朝起きる少し前に分泌量が多くなるホルモン。

副腎皮質刺激ホルモンの指令によって分泌される。

ストレスに対抗する働きを持っている。

平日に比べ休日のほうが分泌量が多いことからも“幸せホルモン”であることがわかる。


作用・・・血圧や血糖値を上昇させる。抗炎症作用がある。

特徴・・・起床の3時間ほど前から分泌され、起床1〜2時間前にはピークに達する。



おはよう応援味の素グリナで快眠を!


宝島社
あなたを変える 睡眠力
医学博士/雨晴クリニック副院長
堀田 聡 監修
P70〜71 より引用

「おはよう応援の味の素グリナ!不眠症改善のグリナが500円から」について

味の素のグリナでおはよう応援!500円から不眠症を改善!
私自身もグリナで不眠症を改善しました!
味の素のグリナはグリシンをメインにバランス良く不眠症を改善。お得な購入方法からその効果・口コミまで。

Copyright © おはよう応援の味の素グリナ!不眠症改善のグリナが500円から. All rights reserved
FX業者